スタディコーチはいつから始める?おすすめな目安の時期

スタディコーチ 人気の学習塾

※このページはプロモーション(広告)を含みます。

スタディコーチ

東大生・早慶生が学習管理をしてくれる「スタディコーチ」は授業の質が高く、おすすめの塾。ただ、「気にはなるけど、いつから始めよう・・」と考えることもあると思います。

結論として、いつから始めようかで迷ったら、「今でしょ」というのが本音。受験に向けた勉強は早ければ早いほど有利なため、思い立った今からスタートすれば余裕をもって準備できます。

「スタディコーチ」公式サイト・詳細

スタディコーチは中学生(中1)から利用できる。もちろん早ければ早いほど良い

スタディコーチは中学生から利用でき、本当に早く始めるなら中1からOK。東大生・早慶生の先生は有名・難関高校を卒業した人も多いため、高校受験にも十分に対応できます。

ただ、もちろん早くスタートするほうが良いものの、それだけ長く勉強する必要があり、費用もかかります。志望校に合わせてどれくらいの時期から始めるのがおすすめかを紹介します。

【スタディコーチを始める目安】

志望校のレベル 高校受験 大学受験
偏差値50〜55
の学校
受験の1年前
(中3春から)
受験の1年前
(高3春から)
偏差値55〜60
の学校
受験の1年半前
(中2冬から)
受験の1年半前
(高2冬から)
偏差値60〜65
の学校
受験の2年前
(中2春から)
受験の2年前
(高2春から)
偏差値65以上
の学校
中1春から 高1春から

ただ、上の始めるタイミングは、あくまでも目安。「自分が行きたい大学は偏差値60だから、高2の春から頑張ればいいな」と思うより、「余裕をもって、高1の冬から頑張ろうかな」と考えるほうが合格の可能性はよりアップします。

受験学年の高3、中3からでも間に合うけれど、できれば高2、中2から始めるのがおすすめ

大学受験や高校受験は、高3・中3の冬。「高3になってから頑張ればいいや」と思う人もいますが、時間は少なくなってしまいます。

できれば高2や中2の冬から勉強を始めると、高いレベルの学校でも余裕をもって準備ができます。

大学受験の場合、旧帝大や早慶レベルは、高2の春から受験を意識した勉強が必要。東大・京大・一橋・東工大は、高1から勉強する人がたくさんいます。もちろん高3から勉強を始めて合格するセンスの良い人もいますが、一般的には高2・高1から勉強を始める人が多いです。

スタディコーチは「東大生・早慶生から良い刺激を受けられる」というメリットもある

人は、周りの環境から大きな影響を受けます。自分でも気づかないうちに周りの友達と似た言葉を使っていたり、趣味の時間や勉強の量も同じくらいになったりします。

つまり、サボりがちな人と一緒にいるとサボりやすくなり、頑張っている人と一緒にいると自分も頑張りやすくなるわけです。

スタディコーチは毎週の授業で、東大生や早稲田・慶応の先生と話すことになります。授業の内容は学習計画の進度チェックや定着度の確認テスト、今後の学習アドバイスがメインですが、「東大生・早慶生と毎週話せること自体」が大きなメリットです。

たとえば「復習をしっかりしよう」という話は、とてもよく聞く言葉。

ですが同じ復習でも、東大生の「復習」は、ほかの人と内容が違います。

普通の場合:「復習は大事だよね。前に習った内容を、ときどき見直そう」

東大生「復習は大事だよね。数学なら青チャートはレベル5までの例題を3週して、どの問題もすぐに解けるまで解き直すと良いよ。もちろん全部書いていたら時間が足りないから、見直しくらいで大丈夫な問題は書かずに確認くらいでOK。解けない問題を重点的に解き直そう。レベル4〜5が難しいなら、まずはレベル3か4までを3週して解けない問題をなくそう」

上は例ですが、東大生は「何回復習するのか」「抜けを残さないためにどうするか」「どうすればやり切れるか」など、さまざまな面で勉強の徹底度合いが違います。

「そこまでやるのか」と思うことがあるかもしれませんが、毎週のように東大生と話していると、「これが普通か」と感じられるようになるもの。自分も同じレベルで努力できるようになることが、スタディコーチの魅力です。また、今の自分とかけ離れた勉強を課されることはないため、自分に合ったレベルで最短効率の学習ができます。

スタディコーチは遅くても受験の1年前には始めたい。早いほど有利になり、難関校にも対応できる

スタディコーチをスタートするのは、早ければ早いほどよいです。時間に余裕ができれば、それだけ難関校にも対応しやすくなります。遅くても、受験の1年前には始めたいところです。

どうしても迷うときは、スタディコーチの体験授業で直接相談してみるのがおすすめ。実際に授業を受けてみると自分のやる気にスイッチが入ることも多いため、まずは気軽に相談してみてほしいと思います。

「スタディコーチ」公式サイト・詳細

タイトルとURLをコピーしました