質の良い家庭教師を安く利用できる「Teachers Market」

塾・家庭教師・通信教育

※このページはプロモーション(広告)を含みます。

tm-1

「Teachers Market」は、最近登場した新しい家庭教師サービスです。インターネットを利用して自分で講師を見つけることができ、安く家庭教師を利用することができます。

ただ家庭教師と聞くと、「トライや学研など、大手のほうが良いのでは?」と思うことがあると思います。そこでここでは、Teachers Marketがどのようなサービスなのか、利用する価値のあるサービスなのかについて紹介します。家庭教師を検討している場合は、参考にしてほしいと思います。

なお、家庭教師を利用するなら、「かてきょナビ」というサービスが便利です。無料の「かてきょ診断」で質問に答えるだけで、地域の大手家庭教師センターまとめて検索できます。かてきょナビを使うと1社ずつ問い合わせなくて良いため、使ってみてほしいと思います。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・かてきょ診断(無料)

インターネットの仕組みを利用した家庭教師サービス

tm-9

Teachers Marketは、2016年にスタートした新しい家庭教師サービスです。インターネットで家庭教師を探せるようになっていて、余計なコストを省いて安く家庭教師の指導を受けることができます

家庭教師を依頼する方法は、友人や知人に指導をお願いする「個人契約」と、家庭教師のトライや学研などの「家庭教師センター」に講師を紹介してもらう方法がありました。

個人契約は費用を抑えることができる反面、「教えてくれる人が見つかりにくい」というデメリットがありました。これに対して家庭教師センターでは、講師を高確率で紹介してもらうことができますが、「費用が高い」というデメリットがありました。

たとえば個人契約で家庭教師をお願いする場合、90分6,000円(時給4,000円)で週1回で依頼すると月に24,000円です。

大手の家庭教師センターである「学研の家庭教師」の場合、高2生は週1回60分で月に17,600円、つまり90分で月に26,400円です。ただしこれは「指導料」で、入会金などが別途必要になります。

Teachers Marketでは講師自身が自分で時給を設定しています。大阪大学や京都大学などの講師でも時給3,000円や4,000円で設定している人は多いため、個人契約の料金で良い家庭教師を見つけることができます。

つまりTeachers Marketは、「個人契約と家庭教師センターの中間にあたるサービス」ということができます。

必要な料金は「指導料」と「交通費」のみ

tm-7

Teachers Marketで支払う料金は、「指導料」と「交通費」のみです。入会金や事務手数料などの別料金は一切ありません。

家庭教師の費用が高くなりやすい理由は、1対1で指導してもらえることに加えて、「家庭教師センターに支払う費用」が発生するためです。家庭教師センターは各地に事務所を構えて、センターに登録している講師の管理と、サービスを利用しているご家庭のサポートをしています。その運営費用が家庭教師サービスの料金に含まれるため、料金が高くなりやすいのです。

Teachers Marketはインターネットを通して運営・管理を行っています。各地にオフィスを構えておらず、コストを省いて運営されているため料金が安くなっています。

Teachers Marketで家庭教師を依頼すると、講師に指導料を支払うことになります。講師はご家庭から指導料をいただくと、そのうちの15〜30%を手数料としてTeachers Marketに支払うことになります。これがTeachers Marketの運営費用にあてられています。講師はTeachers Marketでたくさんこなすほどランクが上がり、手数料が安くなる仕組みになっています。

これまでは家庭が家庭教師センターの運営費用を支払うのが一般的でした。しかしTeachers Marketでは、家庭ではなく講師が運営費用を負担するようになっているのです。講師はTeachers Marketに手数料を支払う必要があるものの、家庭教師をしたいご家庭を探しやすいことがメリットといえます。

講師を自分で選ぶことができる

tm-6

Teachers Marketでは、家庭が講師を自分で選ぶことができます。Teachers Marketには講師1人ずつにプロフィール画面があり、容姿や学歴、時給、住んでいる地域、対応できる科目などを確認することができます。そのため、登録されている講師の中から希望に合う講師を見つけやすいです。

Teachers Marketのホームページでは、登録されている講師を確認することができます。京都大学や大阪大学、同志社大学など、有名大学に在籍・卒業している講師がたくさん登録しています。

家庭教師センターはどのような講師を希望するかについて、家庭の要望を聞いてくれます。ただ、家庭が講師を直接的に選ぶことはできません。また、個人契約では指導を受けられる人が限られます。

また、家庭教師センターに講師を紹介してもらう場合、その講師が希望に沿うかは紹介してもらうまで分かりません。通常、家庭教師センターに講師を紹介してもらうまでには、1〜2週間の期間がかかります。もしセンターが紹介してくれる講師が希望に沿わなければ、あらためて探し直してもらう必要があります。その場合、講師を紹介してもらうまでにふたたび1〜2週間の期間が必要になります。

その点Teachers Marketならインターネットの画面上で希望に合う講師を探して、スピーディに面談の依頼をすることができます。早ければ1週間以内に講師と会って、指導をしてもらうかの相談をすることができます。

家庭教師センターでは、講師のスケジュール調整や打ち合わせをセンターで行った上で講師を家庭に紹介してくれます。Teachers Marketでは家庭が自分で講師と日程調整や指導を進める上での取り決めをする必要があります。ただ、講師の人柄やマナー、コミュニケーション力を実際に確認することができるため、家庭が直接的に打ち合わせする方が良い面もあります。

管理画面で指導の管理ができるため、安心

Teachers Marketでは、講師による指導を「管理画面」で管理することができます。

家庭教師サービスは、指導してもらった時間に対して料金を支払うことになります。指導回数や指導時間について、講師と家庭で食い違いが生じないように、管理画面で把握できるようになっています。特に個人契約で家庭教師を依頼する場合、こうしたことが生じる場合があります。しかしインターネットのシステムで指導を管理できることで、こうしたトラブルを避けることができます。

指導を受けたら講師から管理画面に、「指導料の請求」があります。請求を承認すれば、受けた指導分の指導料を支払うことになります。指導料を支払うと、前月分が一括で講師の銀行口座に振り込まれます。

電話で相談できるサポートがある

tm-2

基本的に勉強や学習相談は、講師が行ってくれます。ただ、講師を変更したい場合や講師との指導で気になる点が生じた場合は、Teachers Marketのサポートに電話することで解決することができます。

家庭教師を利用する上で一番大切なのは、「講師による指導」です。家庭教師センターはたしかに勉強や学習の相談に乗ってくれるものの、最終的には講師の指導に委ねることになります。これを考えると、家庭教師センターに支払う運営費用は「少し高いのでは」と感じることがあります。Teachers Marketは指導料のみを支払えばサポートもしてもらうことができるため、「費用に見合ったサポート」と感じやすいです。

講師の数が少ないのがデメリット

私はTeachers Marketを非常に良い仕組みだと思いますが、デメリットは「講師の充実度」です。Teachers Marketは2016年7月にスタートしたばかりのサービスであるため、登録されている講師は少なめです。都市部の地域にはたくさんの講師が登録していますが、地方の場合は登録講師が十分にいないことがあります。

講師が充実している地域に住んでいれば、利用する価値はあると思います。登録している講師があまりいない地域の場合は、ほかの家庭教師センターを利用するほうが良いです。

指導を受ける流れ

tm-4

Teachers Marketを利用する場合、上のような流れで指導を受けることになります。講師を探して面談を受けるまで、比較的早い流れで進めることができます。家庭教師センターの場合は講師を紹介してもらい、実際に指導が始まるまでに2週間ほどかかります。しかしTeachers Marketなら、講師の予定によっては1週間ほどで面談をして、2週目には初回の指導を始めることもできます。

お得に指導を受けることができる

Teachers Marketはまだスタートして間もないサービスなので、お得に指導を受けることができます。今なら大きく分けて2つのメリットがあります。

  • 最初は「4時間分」を無料で指導してもらうことができる。
  • 半年間後に成績が低下した場合、半年間の授業料が全額保証される。

4時間分の無料体験授業を受けられる

Teachers Marketでは、最初に受ける4時間分の授業料が無料になっています。そのためとても始めやすいサービスといえます。

4時間分を無料で受けて、その後は家庭教師を続けないというのはおすすめしませんが、少しでも費用を抑えられるのは大きなメリットです。たとえば時給4,000円の講師に指導をお願いする場合、4,000円×4時間=16,000円も費用を抑えられることになります。

半年間の授業料返金保証がある

tm-3

Teachers Marketは家庭教師サービスにはとても珍しい「返金保証」があります。「授業を受けて成績が下がった場合には、Teachers Marketが半年間の授業料を負担してくれる」という内容です。高校生の半年間はとても大切な時間のため、お金だけで解決できるものではありません。しかし万が一の保険として、このようなサービスがついていることは安心できるポイントといえます。

希望の講師が見つかれば、利用してみるのはおすすめ

ここでは、新しい家庭教師サービスである「Teachers Market」について紹介してきました。インターネットを使って余分なコストを省いたシステムで、安く家庭教師サービスを利用することができます。家庭教師の満足度は「講師の質」によって大きく変わるため、Teachers Marketでは良い講師を見つけることができれば、とてもお得なサービスです。

ただ、Teachers Marketはまだ新しいサービスであるため、地域によっては講師があまり充実していません。そのため「この先生から指導を受けてみたい」という人が見つかればおすすめです。最初は4時間分の指導が無料なので、まずはどんな講師がいるかを確認してみてください。

なお、家庭教師を利用するときは、「かてきょナビ」というサービスが便利です。かてきょナビは「人気の家庭教師センターを、一括で検索できるサイト」です。

家庭教師は先生も大切ですが、信頼できる家庭教師センターにお願いすることも大切です。かてきょナビは「かてきょ診断」という質問形式の診断で、自分に合う大手家庭教師センターをすぐに検索できます。リストアップされた家庭教師センターに相談すれば、それぞれの会社に1社ずつ問い合わせるよりも効率的です。

良い先生を紹介してもらうには、家庭教師センター選びがとても重要です。かてきょナビは無料で利用できるため、ぜひ使ってみてください。

>>「かてきょナビ」の公式サイト・家庭教師センター比較

タイトルとURLをコピーしました