オンライン家庭教師が大学受験・入試対策に適している理由

塾・家庭教師・通信教育

※このページはプロモーション(広告)を含みます。

PC(パソコン)やスマホで1対1の授業を受けられる「オンライン家庭教師」は、大学受験にも適しています。予備校や家庭教師、通信教育など、大学受験に関する教材や学習サービスは多いです。オンライン家庭教師もその中のひとつとして、学習効果の高いサービスといえます。

ただ、特に親世代はインターネットに慣れていないことも多く、オンライン家庭教師のどのような点が受験に向いているのか分からないことがあります。そこでここでは、「オンライン家庭教師が
大学受験に適している理由」と「どんな人に向いているか」について紹介します。オンライン家庭教師についてよく知ることで、利用するべきかどうかを判断できるようになります。

なお、おすすめのオンライン家庭教師サービスは、別ページで紹介しています。こちらも合わせて参考にしてください。

オンライン家庭教師が大学受験に適している理由

オンライン家庭教師は、これから大学受験に向けて勉強するにも適したサービスです。その理由は大きく分けて、4つあります。

全国の講師を選択でき、相性の良い先生に教えてもらえる

オンライン家庭教師はインターネットを通じてPCやスマホ、タブレットで学ぶことができます。そのため一般的な家庭教師のように、近くに住んでいる講師に限定されることがありません。そのため、自分に合った講師を選びやすくなっています。

また、オンライン家庭教師のサービスによっては東大や早稲田、慶応など、有名大学の講師がたくさん在籍しています。こうした大学に在籍している講師は自分自身が受験勉強を頑張った経験があるため、しっかりとした指導を行ってくれやすいです。もちろんこのほかにも幅広い講師が揃っているため、相性の良い講師を見つけることができます。

オンライン家庭教師で講師を選ぶときには、講師のプロフィール(経歴・性別・年齢など)を確認して合いそうかどうかを判断します。ただ、入会前には無料で体験授業を受けられる場合が多いため、実際に指導してもらうことで講師を確認することができます。

1対1で教えてもらえるため、勉強のクセなどまで直してもらえる

オンライン家庭教師は「1対1で教えてもらえる」という点が大きなメリットです。

河合塾や駿台などの予備校や地域の学習塾では、大人数に向けて授業を行います。そのため、生徒それぞれへのフォローが手薄になりやすいです。授業の質が高くても実際にそれを吸収できるかどうかは、子供にかかっているのです。

オンライン家庭教師の授業と大手予備校講師の講義を比べると、正直なところ大手予備校の有名講師による授業のほうが質は高いです。ただ、「子供への定着率」という面では、1対1で指導してくれるオンライン家庭教師のほうが良いといえます。

独学で勉強を進められる子供の場合、講師によるフォローは必要ありません。自分で理解してどんどん勉強できるため、予備校や参考書などでの学習が向いています。ただ、勉強が苦手で自分だけでは学習を進められない場合は、オンライン家庭教師が適しています。

また、1対1での指導では、講師が子供1人を集中して指導することができます。すると細かな点まで気がつきやすく、子供それぞれの「クセ」を指摘することもできます。

勉強で伸び悩んでいる子供は、「間違ったクセ」を身につけてしまっていることが多いです。「正しい計算方法に従わず、自己流で計算している」「感覚で問題を解いてしまっている」のような習慣があると、ある程度は問題を解くことができても、難しい問題になると解けなくなることがあります。

オンライン家庭教師はこうしたところまで指摘してくれるため、単に勉強を学ぶだけでなく、「正しい問題の解き方」も身につけることができます。これは予備校などで授業を聞くだけでは身につかず、オンライン家庭教師ならではのメリットといえます。

校舎へ通う必要がなく、時間を効率的に使える

オンライン家庭教師は、校舎へ通う必要がないこともメリットです。

部活や習い事を頑張っている場合、どのように受験勉強と部活の残り期間を両立しようか迷う人は多いです。「部活の練習や試合が忙しくて、予備校へ通う時間がない」ということはよくあります。家を出てから予備校まで40分かかると、往復で80分かかります。予備校は最低でも週1回は通う必要があるため、80分×4回=320分(5時間20分)もの時間を移動へ費やすことになります。

オンライン家庭教師なら、週に1~2回は授業を受ける必要があるものの、校舎へ通う必要はありません。そのため上のような移動時間をかける必要がなく、効率良く勉強できます。

費用を抑えて、質の高い学習ができる

オンライン家庭教師は予備校に比べて、費用が安いです。大手予備校へ通う場合、高3の1年間で50~100万円ほどの費用がかかります。これに対してオンライン家庭教師は高3生でも月15,000円前後のサービスが多いため、年間でも20万円ほどですみます。予備校よりも大幅に安い費用で、1対1の指導を受けることができます。

大学受験で質の高い勉強をするには、教材や学習サービスにお金を投資することが大切です。ただ、「とにかくお金を払えば、成績が上がるだろう」と考えて、よく検討せずに予備校へ入るのは間違いです。人によっては予備校の授業を受けても「ただ聞くだけ」になってしまい、まったく成績が伸びないこともあるのです。

オンライン家庭教師は向いているかをよく確認して利用すれば、受験勉強にかかる費用を抑えることができます。費用と学習効果のバランスがとれた良いサービスのため、検討してみるのはおすすめです。

オンライン家庭教師が向いている人

オンライン家庭教師は、以上のような面で大学受験をする場合に向いています。また、特に次のような人には合いやすいです。

  • 勉強が苦手で、イチから教えてほしい人。
  • 有名大学の講師に勉強を教えてもらいたい人。
  • 予備校などへ通う時間がとれない人。

オンライン家庭教師は「勉強をする習慣がない」「偏差値40~50くらいで、なかなか成績が伸びない」という場合におすすめです。

こうした子供はまだ、勉強の土台を固めることができていません。自分だけで勉強しようとしても、そもそも勉強の仕方が間違っていたり、途中で挫折してしまったりする可能性が高いのです。オンライン家庭教師の講師にフォローしてもらうと勉強に対するモチベーションを保ちやすく、スムーズに今の状況を改善できるようになります。

また、「オンライン家庭教師をこう使おう」と上手くイメージできる人にもおすすめです。「早稲田を志望校にしたいから、早稲田大学の講師に教えてもらおう」「サッカー部が忙しいけど、オンライン家庭教師なら部活の合間に勉強できそう」のように使い方を自分で考えられる場合は、体験を受けてみると良いです。

オンライン家庭教師を活用して、大学受験対策を頑張ろう

オンライン家庭教師は自分に合った講師を選べて、効率良く学ぶことができます。また、1対1で教えてもらえるため、勉強が苦手な場合にも土台を固めるために役立ちます。さらに予備校や家庭教師よりも料金が安いため、費用を抑えることもできます。

「オンライン家庭教師が合うかどうか確かめたい」と感じたら、オンライン家庭教師のサービスが行っている「無料体験」を利用すると良いです。実際に授業を受けて判断すれば、より勉強を続けやすくなります。オンライン家庭教師は利用する価値のあるサービスといえるため、紹介したポイントを参考に検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました