スタディコーチのコースはどれがいい?迷ったときの選び方

スタディコーチ 人気の学習塾

※このページはプロモーション(広告)を含みます。

スタディコーチ

東大生・早慶生に学習管理をしてもらえる「スタディコーチ」は、多くの受験生に人気のサービス。コースも充実していて6つあり、どれを利用しようか迷うこともあると思います。

そこでここでは、スタディコーチのコースで迷ったときの選び方を解説します。自分にベストなコースで、スタディコーチを最大限に活用してほしいと思います。

「スタディコーチ」公式サイト・詳細

スタディコーチのコースは6種類

スタディコーチのコースは6種類。「東大生・早慶生が学習管理をしてくれる」というサービスが中心ですが、学習管理なしのコースもあります。

学習管理あり
(基本はこちら)
学習管理なし
(目的に合わせて)
  • 自主学習サポートコース
  • 自主学習徹底管理コース
  • 逆転合格実現コース
  • オンライン自習室コース
  • 苦手科目対策コース
  • 添削コース

スタディコーチの学習管理「あり」コースを比較

自主学習
サポート
コース
自主学習
徹底管理
コース
逆転合格
実現
コース
個別授業※
学習管理
の面談

(60分)

(90分)

(90分)
チャット
相談
自習室
確認
テスト
映像授業
費用
(月)
月34,800円〜 月54,800円〜 月74,800円〜
費用
(年間)
年間417,600円 年間657,600円 年間897,600円

※ここでの「個別授業」とは、英語や数学などの指導を指す。

東大生・早慶生が学習管理をしてくれる基本の3コースは、上のような違いがあります。

どのコースでも東大生・早慶生による学習管理があり、授業以外の日もチャットで質問・相談ができます。また、オンライン自習室も利用でき、その場での質問も可能です(本厚木校に通う場合は校舎の自習室)。

逆転合格実現コースの費用が1番高いものの、おすすめは「自主学習サポートコース」か「自主学習徹底管理コース」。魅力を感じたら、逆転合格実現コースを考えてみるのも良いでしょう。

1番スタンダードな「自主学習サポートコース」は、多くの人におすすめ。60分でも十分な学習効果

スタディコーチ

メリット 料金がお値打ち
(月34,800円〜、
年間417,600円)
デメリット 確認テストがない
向いている人 理解しきれているかを、自分で確認できる人

自主学習サポートコースは、スタディコーチの中ではお値打ちなコース。学習管理の面談は60分でも十分な効果が期待でき、毎週のように現役の東大生・早慶生から刺激を受けられます。年間40万円ほどで東大生から指導を受けられると考えれば、かなりコストパフォーマンスは良いコースです。

自主学習サポートコースのデメリットは「確認テストがない」という点。

スタディコーチの指導は、

「先生(コーチ)が学習計画を立ててくれる → それを元に勉強 → 次の授業できちんと進められたかをチェック」

という流れで進みます。

ただ、自分では問題を理解できたと思っても「もう1度解いてみて」と言われたとき、「あれ、解けるはずなんだけどな・・」のように、意外と解けないことは多いもの。確認テストがないと、理解できている・できていないの判断を自分の感覚でしてしまいがちです。

もちろん本当に理解できているかを自分で厳しく確認すれば、自主学習サポートコースでも問題ありません。ただ、もしあやふやな理解で学習を進めてしまいそうなら、自主学習徹底管理コースのほうが良いでしょう。

実践力をよりしっかりと磨くなら、90分授業で確認テストがある「自主学習徹底管理コース」

スタディコーチ

メリット ・確認テストがあり、定着度UP
・授業時間が90分で濃密
デメリット 料金は高め
(月54,800円〜、
年間657,600円)
向いている人 ・定着度を向上させたい人
・東大生・早慶生の基準で確認してほしい人

自主学習徹底管理コースも、スタディコーチで人気のコース。徹底管理という名前の通り、確認テストがあることで1週間の学習をしっかりチェックしてもらうことができ、毎週の内容を着実に身に着けられます。

自分では「理解できたから大丈夫」と思っていても、人は誰しも忘れる生き物。本当に、しっかりと、厳しくチェックをしないと、復習の精度は保てません。

自主学習徹底管理コースでは、東大生・早慶生の基準で内容が身についているかを確認。あいまいな「できた」ではなく、「もう大丈夫」と自信をもてるようになるはずです。

また、自主学習徹底管理コースは確認テストも行われるため、授業時間は90分。目標とする人との時間が長いほど、そこから受ける刺激・影響も大きくなります。

学研プライムゼミの映像授業を合わせて活用する「逆転合格実現コース」は、教材に迷うならおすすめ

スタディコーチ逆転合格実現コース

メリット ・学研プライムゼミの映像授業あり
・確認テストがあり、定着度UP
・授業時間が90分で濃密
デメリット ・料金は高め
(月74,800円〜、
年間897,600円)
・映像授業はスタディサプリも十分に良い
向いている人 ・わかりやすい授業で学びたい人
・定着度を向上させたい人
・東大生・早慶生の基準で確認してほしい人

逆転合格実現コースは自主学習徹底管理コースの内容に加えて、「学研プライムゼミ」という映像授業を合わせて活用するのが特徴。

学研プライムゼミ

学研プライムゼミは実力派の講師による映像授業と、講師自身が作成した完全オリジナルのテキストで学べるサービス。学習段階に合わせてカリキュラムを選ぶことができ、スタディコーチのコーチ・担任がこれを組み入れて学習計画を作成。迷わずに勉強できます。

スタディコーチのメインは「学習管理」で、英語や数学などの授業は行われません。学研プライムゼミの授業がこれを補うことで、自分で内容を理解するときもスムーズに進みます。

東大生・早慶生もわかりやすく教えることはできますが、一流の先生にはさすがに負けてしまうもの。また、コーチ自身がこうした先生から学んでいた経験もあるため、スタディコーチでは「自分が教えるより、一流講師の映像授業で学ぶほうが効率的」と考えられています。

スタディサプリ

ただ、学研プライムゼミも良いですが、より安価に利用できる「スタディサプリ」も十分に高品質なため、逆転合格実現コースを利用するかどうかはスタディコーチで体験を受けて考えてみてください。

スタディコーチの学習管理「なし」コースを解説

ここまでは学習管理「あり」のコースを解説しましたが、学習管理「なし」のコースも解説します。

【スタディコーチ:学習管理「なし」のコース】

  • オンライン自習室コース
  • 苦手科目対策コース
  • 添削コース

「オンライン自習室コース」は自習室の利用のみ。質問はできるけれど、独学がしっかりできる人向け

スタディコーチ

内容 自習室の利用のみ
料金 月9,800円
年間117,600円
向いている人 ・自習室でモチベーションを保ちたい人
・ときどき質問だけしたい人
・既卒生(浪人生)で、質問したい人

オンライン自習室コースはその名の通り、オンライン自習室のみを利用できるコース。

スタディコーチのオンライン自習室は平日:18~23時、土日祝日:13~23時で365日開いていて、何度でも利用できます。また、自習室には東大生が常駐しているため、いつでも質問可能です。

本当に自習室だけで良いと感じるならこのコースも良いですが、「学校の図書室などで自習して、質問は先生に聞く」という方法でも十分ではあります。既卒生で質問できる環境がほしい人には向いています。

「苦手科目対策コース」は、英語や数学などを教えてほしい場合に利用。料金はまずまずお値打ち

スタディコーチ

内容 苦手科目の学習指導
料金 1時間6,000円
向いている人 ・苦手な科目を1対1で教えてほしい人
・一般的な個別指導が良い人
・東大生・早慶生に教えてほしい人

スタディコーチは学習管理メインのサービスですが、英語や数学などを教えてもらえる「苦手科目対策コース」もあります。

これはシンプルに言えば、「東大生・早慶生によるオンライン1対1指導」のコース。料金は1時間6,000円で、授業時間・回数は選べます。

【苦手科目対策コースの料金シミュレーション】

1回60分 1回90分 1回120分
月4回 月24,000円
(年間288,000円)
月36,000円
(年間432,000円)
月48,000円
(年間576,000円)
月8回 月48,000円
(年間576,000円)
月72,000円
(年間864,000円)
月96,000円
(年間1,152,000円)
月12回 月72,000円
(年間864,000円)
月108,000円
(年間1,296,000円)
月144,000円
(年間1,728,000円)

もちろん授業時間や回数を増やせばそれだけ高くなりますが、たとえば月4回90分で月36,000円なら、まずまずお値打ち。これで東大生・早慶生の授業を受けられるなら、考えてみる価値はあります。

ただし苦手科目対策コースは学習管理が手薄になりやすいため、その点は気をつけてください。

「添削コース」は1枚単位で英作文を添削してもらえるコース。記述式の答案を添削してほしい場合に

スタディコーチ添削コース

内容 英作文の添削
(提出後、3〜7日で返却)
料金(税込) 1枚:1,980円
10枚パック:17,800円
(1枚1,780円)
50枚パック:74,000円
(1枚1,480円)
向いている人 ・受験する国公立大の入試で英作文が出題される人
・英作文の添削をしてほしい人

スタディコーチは「添削コース」もあります。東大生が英作文を添削してくれるサービスで、1枚から利用できます。

英作文は参考書や問題集で練習をしても、「本当にこれで大丈夫かな」と不安になることは多いもの。スタディコーチの添削コースなら気軽に利用できて効果が高いため、おすすめ。国公立を受験する人で、英作文が必要な人に向いています。

スタディコーチのコース選びは目的に合わせて。どのコースもしっかり活用すれば質が高くておすすめ

スタディコーチはコースが充実しています。学習管理をしてもらえる3コースに加えて、学習指導や添削、自習室のみの利用もでき、自分の目的に合った使い方ができるはずです。解説した内容を参考に、ベストなコースで利用してみてください。

また、コース選びで迷ったら、スタディコーチのスタッフに相談するか、体験授業を受けてみるのがおすすめ。実際に話を聞いて授業を試してみることで、どのコースにするかを決めやすくなるはずです。

「スタディコーチ」公式サイト・詳細

タイトルとURLをコピーしました